悪ノ娘 悪ノ召使コスプレ写真集~Twins of evil~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

黄の国の王女


14年前、それは希望の夜明け。

「国のため風習に従いましょう。今までそうしてきたのと、同じように」

鐘が鳴り響き、歓喜の声に沸き踊る城下町。



この世に生をうけたとき、小さなふたつの手のひらは、確かに繋がっていた。

互いの未来に、存在していたはずだった。



気づくと、あのぬくもりはすでに失われていた。



幼い追憶に思いを馳せながら、他人を貶める世界で歩む運命を背負う。

自分を取り囲むすべてのことから干渉され、眠りにつくときさえ孤独を感じていた。

名前のない感情の意味を知りたいと、心から願った。



そして、あれから14年。



すべての終わりが始まる再会の朝が、明ける。








photo_201309162154339d6.jpg











photo_20130916215502cfa.jpg











photo_20130916215529e4c.jpg



黄の国の王女(リン):ゆず李





お待たせいたしました!
最終キャスト紹介は、リンことゆず李、通称ゆずこについてです!

この記事は、沖田鈴が担当させていただきます ゚+。(・∀・)゚+。 

なんか本人は何をかかれるか心配してるみたいなんですが笑
暴露話はとりあえずここでは書かないつもりです←


ゆずこというと、とてもかわいらしくおっとりしたイメージですよね( ´ω`)
土台の性格は確かにそうなのですが、その表現力はとてもストレートで、論理的です。
機転のよさや応用力は細かいとこまでちゃんと気づける人ならではで、なんと頼れる人だろう!
と、出会ってから今でも、ずっと尊敬しています。

作品に対してのこだわりも非常に強いです。
一つのシーンを作り上げるための小さな描写を、指の先まで表現してくれます。
なんといっても、表情が豊かなことがすごいなぁという思いは、経験を積むごとに確実に強くなってきました。
自分の表情を把握して、撮影毎にメイクを変えたりする練習もしています。
涙を流すシーンが多かったりもしましたが、それも何の不安を感じさせずに全力で演じきってくれました。
流れ撮りをする中で溢れている涙は、本人の感情による本当の涙です!

時代背景が華やかなのもあり、特に娘のメインドレスは本当に大変そうでした。
でもそれ以上に、作るのをものすごく楽しんでいたのが印象的です。
思い描く形をそのまま作りたい、という気持ちがひしひしと伝わってきました。
あのドレスで撮影をしているとどこにいっても大人気で、ロケ中でもいろんな人と写真撮ってました♪

ゆずこも言ってくれてますが、私たちの考え方はあまり大きく変わらないので、
大体のことは、1言えば10伝わるようなかんじです。
得意分野と苦手分野、それぞれがお互いを補いあって、二人でやっと一人前な私たちですが、
出会ったころは、まさかこんなにたくさんの出来事を共有する間柄になるなんて思いませんでした。

納得いかない表現は自分たちにはありえないと思わせてくれたのは、間違いなく彼女です。
妥協しない姿勢は、昔から見習いたいと思っています。

ゆずこが相手でなくては成し得なかったこと、私たちだったからこそできたシーンや内容、
すべてひっくるめて、一緒に活動できるのは本当に光栄に思っています。

あまりガチゴチに書くと本人に突っ込まれそう^^


長くなってしまいましたが!

泣いて笑って怒って困って、くるくるかわる表情と豊かな演技力で魅せてくれるリンことゆずこの魅力、
たっぷりご覧ください!

どうぞお楽しみに!



次回の更新は、本文などについて少し触れていきたいと思います^^
どうぞよろしくお願いします♪




スポンサーサイト
キャスト紹介 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。